奇跡講座ダイアリー

ACIMワークブック290-私の現在の幸福が、私の見るすべてである。

2019-09-19

「いま」を見ることが、心理学でも仏教でも、しあわせの秘訣!?

私の現在の幸福が、私の見るすべてである。」(レッスン290)

これは、「今日、私が兄弟の過去を忘れることができますように。」(レッスン288)、「過去は終わっている。それが私に触れることはできない。」(レッスン289)に続く“過去手放しシリーズ”のまとめかな? (さらに…)

ACIMワークブック289-過去は終わっている。それが私に触れることはできない。

2019-09-18

心の中で過去を手放さなければ、実相世界は知覚できない

レッスン288「今日、私が兄弟の過去を忘れることができますように。」に引き続き、過去を手放すよう促すワーク(のようだ)。 (さらに…)

ACIMワークブック288-今日、私が兄弟の過去を忘れることができますように。

2019-09-16

過去=自分、と思って執着したい私

結局のところ、この主題概念が身についていないから、私はなかなか前進できないんだな~と思う。

兄弟の過去だけじゃなくて、起こったことすべてを忘れてしまいたくない。 (さらに…)

ACIMワークブック287-父よ、あなただけが私のゴールです。

2019-09-13

旅を始めてこの世時間で6年余り…ようやくゴールは果てしなく遠いと気づく

おとといのユング講座、少し遅刻してしまった。バスに乗り遅れたのが理由だけど、もしかしたら、前回先生に差し上げた『神の使者』、先生が読んじゃってたら、どうしよう?…とビビッていたので行きにくかったのか。

宇宙の次元上昇のおはなしをされていた先生に「The Disappearance of the Universe(宇宙の消失:『神の使者』原題)」とは…「ケンカ売ってんのか」と思われちゃわないか…と。幸い?まだ読んではおられないようだった。 (さらに…)

わんわん泣きながら、少し溶ける

2019-09-12

「すべてがユルい春子の日記」で涙!?

今朝、すっかりファンになっているブログ「すべてがユルい春子の日記」を読んで、なぜか涙が出てきた。そして気づけば、声をあげてわんわん泣いていた(深夜に更新されるブログ、展開ぎ気になりそれだけ朝イチで見ちゃう)。

どこに反応したんだろう?こんな声をあげて泣いたの、いつぶり? (さらに…)

ACIM学習者のはしくれですらないかも?…と気づく

2019-09-11

シェアしていて気づいたこと①−学習意欲が低い

『Journey through the Text of A Course in Miracle』シェアの会がスタートしてから3ヶ月余り“英語アレルギー”の他にも気づくことがいろいろとあった。やっぱり、ひとと触れ合う、直接会う、話すって大事だなぁ。。。 (さらに…)

ACIMワークブック286-今日、天国の静けさが私の胸を満たす。

2019-09-09

レッスン286-今日、天国の静けさが私の胸を満たす。

父よ、今日は何と静かなのでしょう。もの音一つたてず、すべてのものがあるべき場所に納まっていきます。今日という日は、自分は何もする必要はないという学びを、私が理解するようになる時として選ばれた日です。」(W-pⅡ.286.1:1-3) (さらに…)

“英語アレルギー”克服への道しるべ記事を発見!

2019-09-06

英語アレルギー克服の道

先月の『Journey through the Text of A Course in Miracle』シェアの会後、ようやく自分の“英語アレルギー”(読む方)を自覚できた。

話す方のアレルギーには気づいていたけれど、学生時代「得意科目」だったはずの英語、読む方もだったとはなかなか気づけなかった。認めたくなかったのか。道理で引っ越しを経ても持ち続けている英語の本が結構あるけど、読んだことないわけだ。

(さらに…)

今さらながら “英語アレルギー”に気づく

2019-09-05

翻訳比較サイトを叱咤する

ワプニック博士の『Journey through the Text of A Course in Miracle』を読むのに、“えらい時間をかけて訳しちゃってる件(原文をそのまま読むのが望ましいけれど、時間をかけないと意味が取れない私は全体を理解するのに日本語訳してしまっていた)”は、翻訳比較サイトなるものを知ってから少しだけ早くなった。これは、和訳してほしい文章を入力してボタンを押すと、「Google翻訳」「excite翻訳」など5つの翻訳サイトが同時に和訳を出してくれるという便利なものだ。 (さらに…)

『Journey through the Text of ACIM』⑥-第1章(p35~36あたり)

2019-09-03

8月まとめー時間切れで間に合わなかった分を

一昨々日、『Journey through the Text of A Course in Miracle』の8月分備忘録を書きなぐっていたのは、当日行われるシェアの会の自分なりの準備だった。

原文を英語のまま読んで感想が持つのが望ましいのだけど、英語が暗号にしか見えない私は「英語→日本語→自分にとってのポイントを感じたり考えたりする」という要領が悪いことをしていた。そして、8月帰省があったり趣味の色えんぴつ画の展覧会があったりして時間がさけなかった私は、ぎりぎりまで和訳に時間を費やしていた。 (さらに…)

← 戻る

←古い記事を見る