ACIMワークブック324-私は先導したくないので、導きに従うだけである。

2020-02-26

導きに従うだけだけど、従えているのか。いやぁ…

だから私たちは、道を知っている存在についていこう。これを遅らせる必要はない。私たちが父の愛に満ちた御手から迷い出ることがあるとしても、それは一瞬のことである。」(W-pⅡ.324:2.1-2) (さらに…)

ACIMワークブック323-私は喜んで、恐れを「犠牲」にする。

2020-02-23

恐れを「犠牲」にすると、愛が残る

これのみが、あなたが愛するわが子に求める唯一の『犠牲』です。あなたが求めておられるのは、わが子があらゆる苦しみや、損失と悲しみの感覚や、心配や疑念を放棄することであり、あなたの愛が彼の自覚に自由に流れ込んで彼の痛みを癒し、あなたの永遠なる喜びが彼に与えられるようになることです。」(W-pⅡ.323:1.1) (さらに…)

世界が少しだけやさしくなった

2020-02-21

車が前より止まってくれる?

自分がいる世界が少しだけやさしくなったように感じる。

それはたとえば道での知らない人との間で。 (さらに…)

ACIMワークブック322-私が放棄できるのは、一度も存在しなかったものだけである。

2020-02-20

恐れを放棄すれば、愛が心に戻る

私が犠牲にするのは幻想のみである。幻想が去るとき、私は幻想が隠そうとしていた贈り物を見つける。」(W-pⅡ.322:1.1-2) (さらに…)

地球レベルの一大プロジェクトのようにも見える「ACIM」

2020-02-19

ACIMは「自学自習の書」ーだけど、壮大なプロジェクトのようでもある

ACIMは学びたい者とイエスあるいは聖霊とのあいだだけで行われる自学自習の教えだ。 (さらに…)

『Journey through the Text of ACIM』(23)-3章 キリスト教(後半)

2020-02-17

(前半からの続き)

ACIMがキリスト教用語を用いているわけ

ACIMがキリスト教の用語を用いている目的のひとつとしてワプニック先生は、ACIMの中でイエス自身が「これは二千年もの間、私の名のもとに差し出されてきた思考システムですが、間違っています。」と訂正するためだとされる。また聖書では一見イエスの教えが祭られているように見えるからとも。 (さらに…)

『Journey through the Text of ACIM』(22)-3章 キリスト教(前半)

2020-02-14

キリスト教についての記述

『Journey through the Text of ACIM』のざっくりまとめ。3章の4項目目は、キリスト教について。 (さらに…)

ACIMワークブック321-父よ、私の自由はあなたの中だけにあります。

2020-02-12

私の自由は神の中にある

何が私を自由にするのか、何が私の自由であるのか、それを見つけるためにどこを探せばよいのか、私は理解していませんでした。」(W-pⅡ.321:1.1) (さらに…)

『高級霊(ハイスピリット)は上機嫌』

2020-02-10

高級霊ハイスピリットは上機嫌

前回の『Journey through the Text of ACIM』「3章 恐れ、抵抗、そして贖罪の原理」ざっくりまとめで、「外側を聖霊の目を通して見る、とは、簡単に言うと『いつも機嫌よくいること』かな、と思う(私見)」と書いたけど、私見というのはおおげさだった、他でもよく言われていることだよな~と思い返した。 (さらに…)

『Journey through the Text of ACIM』(21)-3章 恐れ、抵抗、そして贖罪の原理(後半)

2020-02-06

(前半からの続き)

朗報は「それは決して起こっていない」こと

私たちは、ACIMでイエスが教える真実に惹かれるものの、一方で近づくにつれとてつもない恐怖を覚えるという。 (さらに…)

『Journey through the Text of ACIM』(20)-3章 恐れ、抵抗、そして贖罪の原理(前半)

2020-02-05

“旅”の進みぐあいと苦手意識

ワプニック先生のテキスト解説本『Journey through the Text of A Course in Miracle(JTTA)』の“私の旅”は、3章の中盤に差し掛かっている。 (さらに…)

ACIMワークブック第Ⅱ部‐11.被造物とは何か

2020-02-03

被造物とは何かー誰が創造し、何を創造するのか

被造物(Creation)」とは、「限界なく遍在する無数の神の想念の総和である」(W-pⅡ.11-1:1)と定義づけされている。 (さらに…)

ACIMワークブック320-私は世界の救済のために来た父が私にすべての力を与える。

2020-02-01

神の子は無限…

神の子は無限である。彼の力や平安や喜び、また父が彼を創造したときに授けたいかなる属性にも、限界はない。彼が創造主および贖い主とともに意志することは、必ず為される。」(W-pⅡ.320:1.1-3) (さらに…)