『Journey through the Text of ACIM』(80)-8章6節 イエス①

2021-05-18

ワプニック先生のACIMテキスト解説本『Journey through the Text of A Course in Miracle(JTTA)』のざっくりまとめ。8章6節、イエスから。 (さらに…)

『Journey through the Text of ACIM』(79)-8章5節 教えることと学ぶこと

2021-05-11

自我か聖霊か、どちらを教師とするか

ワプニック先生のACIMテキスト解説本『Journey through the Text of A Course in Miracle(JTTA)』のざっくりまとめ。8章5節、教えることと学ぶこと。 (さらに…)

『Journey through the Text of ACIM』(78)-8章4節 赦し

2021-05-04

“旅”のようす

ワプニック先生のACIMテキスト解説本『Journey through the Text of A Course in Miracle(JTTA)』のざっくりまとめ。

今年は1月末8章から読み始めた。8章を3つに分けて前半は2月12~27日に、中盤は4月7~20日にブログ上のまとめをした。そしてこのGWようやく8章後半のまとめへと入る。 (さらに…)

駆け込みで見た映画は「戦場のメリークリスマス」

2021-04-27

三度目の緊急事態宣言、映画館に滑り込む

三度めの緊急事態宣言が東京、大阪、京都、兵庫の4都府県に発令された。4月25日~5月11日までの予定。規制は思ったより厳しく、美術館、図書館、映画館などにも休業要請が出された。 (さらに…)

『Journey through the Text of ACIM』(77)-8章3節 肉体:攻撃/病気か、癒しか④

2021-04-20

病気から健康、癒しへ

ワプニック先生のACIMテキスト解説本『Journey through the Text of A Course in Miracle(JTTA)』の学習備忘録としてのざっくりまとめ。8章3節の続き。これが本節の最後になる。 (さらに…)

『Journey through the Text of ACIM』(76)-8章3節 肉体:攻撃/病気か、癒しか③

2021-04-17

病気とは心が自我を選んでいること

ワプニック先生のACIMテキスト解説本『Journey through the Text of A Course in Miracle(JTTA)』の学習備忘録としてのざっくりまとめ。8章3節の続き。 (さらに…)

『Journey through the Text of ACIM』(75)-8章3節 肉体:攻撃/病気か、癒しか②

2021-04-15

肉体は心の投影としてのみ存在する

ワプニック先生のACIMテキスト解説本『Journey through the Text of A Course in Miracle(JTTA)』のざっくりまとめ。8章3節の続き。 (さらに…)

『Journey through the Text of ACIM』(74)-8章3節 肉体:攻撃/病気か、癒しか①

2021-04-10

「8-3 肉体:攻撃/病気か、癒しか」へ

ワプニック先生のACIMテキスト解説本『Journey through the Text of A Course in Miracle(JTTA)』のざっくりまとめ。8章3節へ。 (さらに…)

『Journey through the Text of ACIM』(73)-旅のスロー化のわけ

2021-04-06

旅はさらにスローダウンした…

ワプニック先生のACIMテキスト解説本『Journey through the Text of A Course in Miracle(JTTA)』の“私の旅”は、8章の中盤だ(2月8章を3つに分けた、その真ん中)。

2年前の6月から始めたこの旅…。少しずつ慣れて早くなるかと思いきや、今年に入ってからさらにスローダウンしている。

そのわけは… (さらに…)

分離不安と時間軸のなかでの存在の一瞬

2021-03-30

母との日帰り旅

昨日東京に戻った。故郷は昔の面影が薄れどんどん変化していたが、私は子供の頃や中学の頃の自分を思い出し心が動くのを感じた。 (さらに…)

母の絵

2021-03-26

昨夜、故郷に帰省した。 (さらに…)

めざすべきは自分の信念を捨てること!?

2021-03-19

友人のピュアさに自分を鑑みる

色えんぴつ画講座の先生が主催する「トーキョー・イロエンピツ・スタイル展覧会」の続きのはなし。 (さらに…)

必然性を意識した、色えんぴつ画展

2021-03-17

初日見にいく

色えんぴつ画講座の先生が主催する「トーキョー・イロエンピツ・スタイル展覧会」が日曜まで開催中だ。 (さらに…)

『相沢忠洋』

2021-03-15

遅ればせながら歴史に興味

愛読書『神の使者』には、主人公のゲイリーさんが「この世界とこの世界のやり方を放棄しなさい。あなたにとって無意味なものにしなさい。」という「声」を聞くくだりがあって、私も「この世のやり方を自分にとって無意味なものにしよう」と思っていたが、最近は逆に仮初の世であってもいろいろ興味を持ってそれを楽しみたいと思っている。 (さらに…)

色えんぴつ画展に向けて絵を描くも

2021-03-10

ピアノで言えば「発表会」

ブログ…少し間が空くと自分のブログでさえも来るのに気合がいる。何でかな、恐い。 (さらに…)

←古い記事を見る