日々のこと・きもち

「ホームにて」

2020-03-08

ホームにて

「ふるさとへ向かう最終に
乗れる人は急ぎなさいと
優しい優しい声の駅長が街なかに叫ぶ (さらに…)

ACIMを生きるのか、ACIMに逃げるのか

2020-03-03

2年前自分が書いたメモにびっくり

昨日「会社」のことを書いたけど、その決算作業の際に気づいた(見つけた)こと… (さらに…)

手放せないでいるものー2020年春

2020-03-02

必要=欠けている=神の代わり?

私がACIMと出会うきっかけとなった『神の使者』にはこんな一節があった。アサンディッド・マスター、パーサの言葉だ。 (さらに…)

世界が少しだけやさしくなった

2020-02-21

車が前より止まってくれる?

自分がいる世界が少しだけやさしくなったように感じる。

それはたとえば道での知らない人との間で。 (さらに…)

地球レベルの一大プロジェクトのようにも見える「ACIM」

2020-02-19

ACIMは「自学自習の書」ーだけど、壮大なプロジェクトのようでもある

ACIMは学びたい者とイエスあるいは聖霊とのあいだだけで行われる自学自習の教えだ。 (さらに…)

心理テストから見えてくる恐怖心!?

2020-01-28

「絶対に無理なことはどれ?」

「あなたは〇〇なタイプですよー」と言われるのがけっこう好きで、ちょいちょいニュースアプリに紛れている心理テストをやる。私にとっては軽い占い的なもので、結果を見ても「ふむふむ、そうかもねー」という程度だ。 (さらに…)

金沢の友人宅で話すことは…

2020-01-06

せっかく富山まで来たのだからと、おとといの晩金沢の友人宅まで泊まりに行ってきた。 (さらに…)

83歳母-好奇心とアナログ・エバーノート更新中

2020-01-04

母、お手製エバーノート更新中

昨年のお盆に帰省した際、母がノートを作っているのを見て「あ、これ、エバーノートだ、アナログだけど」と思ったことを、以前ブログに書いた(2019年8月17日日記) (さらに…)

才能とは“続けられること” (by 林亮太先生)

2019-12-10

同じお題でもフォーカスするものはいろいろ

今日は月1回の色えんぴつ画講座の日だった。 (さらに…)

パソコンの名医!?が問診でなおしてくれた

2019-12-06

パソコン修理屋さんを訪ねる

先月末、外出先からの帰宅途中、ネットで見つけたパソコン修理屋さんに寄ってみた。 (さらに…)

中年の転機-私の場合(後)

2019-12-02

『フォーティーズ・クライシスなんか怖くない!』

中年の転機-私の場合(中)のつづき

お店を始めて1年過ぎたあたりから、何で店をやっているのかわからなくなってしまった。行動の元になるエネルギーがなくなっている。 (さらに…)

中年の転機-私の場合(中)

2019-11-30

中年の転機-私の場合(前)のつづき

ふとした思いつきから、惣菜店開業

私が開業した惣菜店は、自宅から7分くらいの小さな商店街の中にあった。 (さらに…)

中年の転機-私の場合(前)

2019-11-29

ACIMの学習適齢期と中年の転機

前回のブログで、「奇跡講座(ACIM)は人生の中盤以降に学ぶのが適しているのでは」と書いた。 (さらに…)

ACIM-学習適齢期はある!?

2019-11-27

ACIM学習適齢期に対する私見

端くれながらACIMを勉強していて思うのは、これは人生中盤以降のものだな~ということ。

去年までまったく独学だったのであまり意識することもなかったのだけど。。。 (さらに…)

プロフェッショナルって素敵だな

2019-11-22

翻訳教室、最終回

昨日は全3回の翻訳教室の最終回だった。

受講者4名(1名お休み)。前回同様、課題の小説の訳をひとりずつ見て丁寧に直して、コメントしてくださった。 (さらに…)

← 戻る

←古い記事を見る