291~300(8.実相世界とは何か)

ACIMワークブック300-ほんの一瞬しか世界は存続しない。

2019-11-01

ほんの一瞬しか世界は存続しない

この概念は、次のような考え方を表すために使われることもある。『死と悲しみが、ここにくる者たち皆の確実な運命である。なぜなら、喜びは、所有するどころか、手でつかむことすらできないうちに去りゆくものだからである』。 (さらに…)

ACIMワークブック299-永遠なる聖性が私の中に宿っている。

2019-10-29

聖なる聖性が私の中に宿っている

父よ、私の聖性は私からのものではありません。それは、私が自分の罪によって破壊できるようなものではありません。それは、私個人のものではなく、攻撃に苦しむようなものではありません。」(W-pⅡ.299.2:1-3) (さらに…)

ACIMワークブック298-父よ、私はあなたを愛し、あなたの子も愛します。

2019-10-26

狂った天職!?終わりへ…?

私の感謝により、私は恐れをもたずに自分の愛を受け入れられるようになる。そうして、私はついに自らの実相へと戻される。私の神聖な視覚に侵入したものを、赦しがすべて取り去ってくれる。」(W-pⅡ.298.1:1-3) (さらに…)

ACIMワークブック297-赦しだけが、私が与える贈り物である。

2019-10-23

「私が与えるものは、すべて自分自身に与えられる」

赦しは、私が与える唯一の贈り物である。なぜなら、それが私が望む唯一の贈り物だからである。」(W-pⅡ.297.1:1) (さらに…)

ACIMワークブック296-今日、聖霊が私を通して語る。

2019-10-19

近況ー83歳母のIT力

今朝いちばんに、母に電話した。

母は83歳。富山でひとり暮らしをしている。あちこちが痛いと言いながらも、週に一度はお茶のお稽古に出かけまあまあ元気にやっている。 (さらに…)

ACIMワークブック295-今日、聖霊が私の目を通して見ている。

2019-10-18

私の目の曇りが払われ、焦点が見るべきものに合いますように

キリストは、今日、世界を贖えるように、私の目を使わせてほしいと求めている。」(W-pⅡ.295.1:1) (さらに…)

ACIMワークブック294-私の肉体は、完全に中庸なものである。

2019-10-11

日常のことーユング仲間のお見舞いへ

おととい、テニス中に気を失って倒れ両手首を骨折し入院中のユング講座仲間のお見舞いに行き、それからユング講座に出た。 (さらに…)

ACIMワークブック293-すべての恐れは過ぎ去り、ただ愛のみがここにある。

2019-10-08

英語も色えんぴつ画も毎日やるのが上達のコツというけど

今日は、月一回の色えんぴつ画講座だった。

テーマは自由画。好きなものを描いてもっていけばいいのだけど、この1ヶ月たったの1分も絵に向かわなかった! (さらに…)

ACIMワークブック292-すべてのことに、幸せな結果が確実である。

2019-10-07

すべてのことに、幸せな結果が確実

神の約束に例外はない。そして神は、すべてのものごとの結末は喜びだけだと保証する。しかし、いつそこに至れるかは、私たち次第である。 (さらに…)

ACIMワークブック291-今日は静けさと平安の日である。

2019-10-02

9月に見た夢

今日は静けさと平安の日である。」(レッスン290)

9月15~18日にかけてゆるゆるやっていたワーク。しかも第二部に入ってから、さほど主題概念に意識を向けないでいる。 (さらに…)

← 戻る

←古い記事を見る