『Journey through the Text of ACIM』(17)-進捗と3章の概要

2020-01-17

わが“旅”のようす

ワプニック先生のテキスト解説本『Journey through the Text of A Course in Miracle(JTTA)』の“私の旅”は、年末年始を挟んで停滞気味。

昨年6月からスタートして1章には丸4ヶ月、2章は2ヶ月要し倍のスピードになったものの、そこで息切れしてしまった。12月はシェアの会後、まったく手がつけられず。今週に入ってようやくぼちぼち再開した。

私の英語力では頑張って(私にとってはかなり頑張って)3ヶ月で1章くらいのペースが妥当かなぁ?

そうなると、あと29章あるから…

29章×3ヶ月=87ヶ月…。順調に行ってあと7年と3ヶ月かぁ。ふぁ。。

それでも最初は、「16年かかる」(2019年6月21日日記)と見積もっていたのだから、なんと半分以下になっている?!

これは主に「翻訳比較サイト」に頼るようになったからだけど、何とか真の実力をつけてサクサクッと進めるようになりたい。

3章の概要

さて、“旅”の行程は3章へ。

3章「The Innocent Perception(無垢なる知覚)」は章立て(節立て)でいうと、

3-0 Introduction(序論)

3-1 The Structure of the Mind(心の構造)

3-2 The Power of the Mind – The Decision Maker(心の力―決断の主体)

3-3 Fear, Resistance, and the Atonement Principle(恐れ、抵抗と贖罪の法則)

3-4 Christianity(キリスト教)

3-5 The Authority Problem(権威の問題)

3-6 Knowledge versus Perception(知覚対智識)

3-7 Jesus(イエス)

このうち今回は、3-2まで見た(が、シェアの会までにまとめられるのは3-1だけか)。

Introduction(序論)

Introductionには、

・3章のタイトルである「無垢なる知覚(The Innocent Perception)」とは、ACIMでより頻繁に使われている「真の知覚(true perception)」や「心眼(vision)」という語と同義語であることと、

・3章では2章に引き続き「心の選択する力(the power of the mind to choose)」について検討するが、前章とは異なり「分裂した心の構造(the structure of the split mind)」に焦点を当てていく、

ということが、さらっと書かれていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

← 戻る