急に空スペースに入ってきた「シンが教える記憶術」セミナー

2019-10-13

台風で流れた予定のスペースに入ってきたセミナー

台風一過で昨夜と打って変わって澄みわたった青空。気温上昇。

私は、「Wordpressもくもく勉強会」に参加予定だったけれど、金曜の夜、台風のため中止との連絡メールをいただいていた。

その空いちゃったスペースにふいに入ってきたのが、「シンが教える記憶術」セミナーだ。

このブログでも何度か引用させていただいている、ブログ「すべてがユルい春子の日記」。その昨日の記事「『シンが教える記憶術』セミナー受講、ビフォーアフター」で詳しく紹介され絶賛されていたのだ。

この春子さんという方、57歳独身。無職だった今年の春、ピアノで芸大受験したいという年齢にそぐわない目標ができちゃって、ピアノ可の物件に引っ越し、ローンでグランドピアノ購入。仕事もパート職を得た。

だのに、仕事の覚えが悪いとのことでまさかの「クビ宣告」を受けちまう。

…とある意味ハデな人生。

その春子さんが衰えた記憶力のアップのために受講して、「めっちゃよかった!」と。

「記憶の対象も、数字の羅列、ヒトの顔と名まえはもちろん、英単語、歴史事項、資格試験対策、仕事の手順など、およそ『記憶』に関することすべて網羅していて本当にすばらしいセミナーだった。」らしい。

リンクが貼ってあったので、ポチっと押してみると、「ストアカ(ストリートアカデミー|まなびのマーケット)にとび、そこで検索。

あった!

シン先生こと宮地真一さん、「メンサ会員&ギネスブック世界新記録樹立者」とある。そのシン先生が教える「一生モノの実用的な宝 」。

う~む。なんか惹かれるなぁ。

なんと、明日(13日)が東京での開催日だ!

しかも申し込みは今日(12日)の11時まで。

ひゃあ、あと1時間で決めなきゃ。

どうする??

なんかタイミングいいね。

と自問する。

こういうシンクロっぽいことって、なんだか“呼ばれている気”がするね。

ちょうどACIM英語読みにはたくさん英単語を覚えることが重要。だけど英単語、これからどう覚えりやぁいいの?、と思ってたところ。

行っちゃう?

次はいつかわからないし、その頃は私のモチベーションがどうなっているか

よし、行こう!

と、勢いで申し込んでしまった。

スーパー記憶術を伝授してもらった

…そして、今日行ってきた。

受講者は本来ならば7名のところ2名が台風の影響で欠席で、5名の受講。

パッと見から感じのいいシン先生が、手品でも見せてくださるように滑らかに(とっても早口で!)記憶術を伝授してくださった。

詳しいやり方は、おそらく“企業秘密”なのだろうから、細かく書いてはいけないが、基本的には、①イメージ、②場所、③感情を使うのだという。

そしてよく記憶術で言われていることだが、イメージをつなげてストーリーを作っていく。イメージとストーリーを感情に訴えるものにすると脳に定着するらしい。

でも、これもACIMの赦し同様、やり方を知っているのと実際に用いるのとは大違い。

先生に教えていただいたやり方で自分なりの基本イメージストックを作って、それを使いこなせるようにならなくては“宝の持ち腐れ”なのだ。

でも、四の五の考えさせないタイミングでふいに入ってきたから行けたなぁ。行けてよかったなぁ。

せっかくだから、きちんと使いこなせるよう訓練しよう!と思った。

意外!?や、すごい春子さんの影響力

セミナー終了後の少し緩んだ空気のなか、私は「このセミナー、大阪で先生のセミナー受講なさったという方がブログで絶賛しておられて、それで滑り込みで申し込んだんです。」と言った。

すると先生、「なんかこの前から大阪の方の問い合わせがすごくて。えらい大反響でね、なんていうブログ?」と聞かれた。

私は「すべてがユルい春子の日記」と答える。

先生、「え?もう一回」

私「すべてがユルい…」と繰り返していると、隣に座っていたシニア男性が、持っていたiPad miniですかさず春子さんのブログ画面を出して、先生に差し出した。

えっ、もしかしてこの方も読者??と驚く私。

すると、その隣に座っていた20代のプログラマーだという男性、「ぼくも母親にそのブログ見せられて、『このセミナー行ってこい』って言われてきたんです。」と。

ひゃ~、今回の東京セミナー参加者5名のうち3名が、春子さんがらみ!?

いや、すごい影響力!

先生は「そりゃすごい、何ですって。もう一回、ブログのタイトルを」と反応なさった。

私「すべてがユルい春子の日記。覚えにくかったら、『ユルい春子』とだけ覚えて検索すればいいですよ。」

…と気づくと、記憶術の大先生に「覚え方」を教えていた私 (^^;) 

これぞ立て板に水、という猛スピードで流暢に説明していた先生は、最後に人間らしいところを見せてくれて、なんか急に親近感が湧いた。

行きは電車が間引き運転で遅刻しちゃう…と目に入らなかったが、帰り…街並みには台風の爪あとがそこかしこにあった。

“急に空スペースに入ってきた「シンが教える記憶術」セミナー” への2件のフィードバック

  1. ふうせん より:

    こんばんは(^^)

    私も昨日、春子さんのブログを長いこと見ていたので、すごいシンクロにびっくりしました。春子さんのブログは沢山の人を惹き付けているのですね。でもわかる気がする!あの素直さ、私も大好きです。tamasonia さんに紹介してもらって良かった。tamasonia さんも私にとって”天使”ですよ♪

    そしてtamasonia さんも「導かれて」ますよね。
    素敵な流れになっているようで読んでいて本当にワクワクします。

    シン先生の記憶術を使っての英語勉強、頑張ってくださいね(^o^)/

    • tamasonia より:

      お~、ふうせんさん!
      コメントありがとうございます。

      自分が、だれかの“天使”役になることもあるとは発想しませんでした。そういうこともあるわけですね。
      光栄です。ありがとうございます。

      春子さんは、心理学的考察が私にとって役立つのと、展開が激しすぎて、目が離せなくなってしまいました。

      たしかに素直さにも憧れます。

      春子さんのなかに「素直さ」が見えるのは、ふうせんさんのなかにもあるからなんですね、きっと!

      こうやって、ご縁がつながって広がっていくのっておもしろいですね。
      いつもありがとうございます。

tamasonia にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

← 戻る