「家に帰るまでが遠足」…帰り道で大失敗

2018-12-07

旅の余韻、帰りの新幹線

しつこく旅行ネタ。

4日の午後1時、母が乗った金沢行きサンダーバードを見送った後、私ものぞみに乗って東京に向かった。

旅、慌ただしかったな。お母さんにも無理を強いたかな。

やさしくしたいと思っていたのに、次の行き方を調べたり乗り場を探したりといった目の前のことでいっぱいいっぱいで、だめだった。。

最終日の駅カフェで母がパンを「油っこい、こりゃ胸やけするわ」と言った時も、(乗り場に近いから、ここがいいって自分で言ったくせに)「だったら、無理して食べなきゃいいじゃない、残しとけば?」と、言ってしまった。

母と話していると、つい自分が責められたような気分になってイライラしてしまうのだ。

初めは受け流していられたのに、3日目には反応してしまっている自分がいた。(これこそ赦すべきことだ)

ああ、結局ダメだった。。と旅を反芻する。

母は好奇心旺盛で自分でも頭がいいと思っているが、歳には抗えない、心と頭、体の間にはギャップがあるなぁ。

やさしくしたいなら、一緒に住めばいいのに。

でも、一緒にいるのは3日が限界かも。

私に子どもがいたら、さぞかし喜んだだろうに。

脈絡のない思いがぐるぐる回っていた。これ“マザコン”だよなぁ。

バカ、バカ!大失態に気づく

自分が失態に気づいたのは、東京駅に着いてから。

改札で切符を出そうとする。が、

あれっ、ない!

リュックの小ポケットに入れていたはずだけど。

コートかな?トートバックのポケット?

ない…、ない。

とにかく落ち着こう。

トイレに行って大捜索。

ない。

あ゛~、私ってば、切符、なくしたんだ。

そういえば…

名古屋駅でシニア男性が降りようとしていた歳、通路に落ちていた切符に気づき、「お父さん落とされたみたいですよ」と家族の方に切符を渡した。

あれ、私のだったんだーーー!

私、自分がそそっかしいのを忘れてた。落としたのは他でもない自分だー。

窓口に行き、駅員さんに必死で説明した。

「名古屋駅に電話してみますが、見つからなければ、再購入ということになりますね」

あ゛…(・・;) どーしよ!!

一気に旅の余韻から覚めた。

私が買っていたのは、「東京―東京」の一筆書き切符(こんなのが世の中にあるって初めて知った)。乗車券だけで13,820円。これに新幹線特急券。

あってくれ~。祈る気持ちで待つ。

「家に帰るまでが遠足」を噛みしめる

私が事情を話した男性職員は、他の方の対応で忙しくしている。どーなる?

…、と、事務室のドアから女性の職員の方が出てきた。

「名古屋駅で切符が見つかり確認が取れました。これをお使いください。」と、代用の切符を手渡してくれた。

あ ありがとうございます。

へなへなとからだからちからがぬけた。

あ よかった。

からだからちからがぬけたまんまで、改札を出て山手線に乗り換えた。

この世の出来事も、おカネもすべて幻想だって言ってもねー。

「母との秋旅2018」というVTRは、最後にスパイスを効かせてあった。

しっかし、私、よく物を落とすよなぁ。ぼーっとしてるからだ。(実家に来るまでも、マフラーを紛失、駅に届けられていたのを受け取った)

気をつけないと!

届けてくださった方々、ありがとう。

「家に帰るまでが遠足です」子どもの頃、何度も言われたこの言葉を改めて、噛みしめた。

おわりよければ、すべてよし。

いろいろもろもろ、ありがとうございます。

母とスマホカメラ

2018-12-06

少し落ち着いてきたら、私は自分人生ゲームの映画館で「母との秋旅2018」というVTRを選び、映画の世界に喜んで浸っていたのだ、と思えてきた。

他の様々なVTRと同じひとつのVTRなのだ。それでも、これはお気に入りだったし、その中でのエピソードも楽しかった。

      *     *     *     *     *

よく知らない人に声をかける人懐っこい母

私はいつもに増してトイレが近く、三日目の朝立ち寄った東福寺でも、母に「ちょっと待ってて」と言って、境内脇のトイレに寄った。

数分経って出ると、あれっ?母がいない。

見ると、10数メートル先、5、6人の制服姿の男子高校生に囲まれている。

ん、またぁ!

私の母は、社交的なほうで、よく知らない人に話しかける。

エレベーターで乗り合わせた赤ちゃん連れの人には「かわいいお顔しとられる」、観光地で袴姿だったカップルには「おしゃれさんやね」。歩きスマホの女子高生には「ねーちゃん、ちゃんと前見て歩こ!」と注意したことも。

また、何か声かけたにちがいない。

そう思った私は母に小走りで駆け寄った。

と、「いいとこに来た、写真撮って」と母からスマホを渡された。

「ちゃんと本堂の屋根まで入れてあげてね」と母。

「あ、はい。もっと皆さんもっとお互い寄ってぇ、ハイ」

パシャリ。

「あ、横でも一枚撮りますね、ハイ!もー一枚!」

パシャ、パシャ、と私。

男子高校生に見せると「バッチシです」

ニコッと笑ってお礼を言って去っていった。

声をかけたのは男子高校生のほうだった

どうも、声をかけたのは母の方ではなく、男子高校生グループの方だったようだ。

よりによって今もガラケーの80歳オーバーのおばあちゃんに頼むなんて。人選ミスだ。

母は、言われたとおりシャッターを押したけど、見きれて全員が入らなかったり、本堂が入らなかったりして、何度かやり直しさせられている途中だったという。

画面上のボタンに力を入れ過ぎて、いつもぶれてしまうのだ。

最初に声をかけた男子は、「おまえもよ~(こんなやつに声かけるなんて)」と仲間から突っ込まれていたんだとも、教えてくれた。

母は、以前新幹線の中で外国人の男性から「ここは指定席ですか」と言ったようなことを英語で聞かれ、「Free、Free」と一生懸命答えていたら近くに座っていたサラリーマンが笑われた、というエピソードも教えてくれた。

母は私とちがって、人懐っこいから、声をかけやすいオーラが出ているのかな?

どこか対人恐怖的なところがあって、ひとりが落ち着く私は、そういう母がちょっぴりうらやましい。

今度いつ頼まれてもいいように、スマホカメラの練習をする、と言って、母が東福寺で私を撮ってくれた。その渾身の一枚→

晩秋の京都旅

2018-12-05

門の外から永観堂の紅葉を愛でる

12/2~4母と京都に行ってきた。

ここ数年11月末、母はわが家に来ていたが、「今年は来ないの?」と聞くと「行かない。京都なら行く」とのこと。で、京都に行くことに。

1日目昼に京都着、永観堂がある東山方面へ。2日目は、定期観光バスで嵯峨野、高雄方面昼食付き一日コース。3日目は東福寺に立ち寄って駅での昼食後それぞれの家へ、という予定。

思っていた以上に母の歩行能力が落ちていて、なかなか予定通りにいかなかったが、念願の「秋の京都」に行くことができてよかった。

ホテルにチェックイン後、最初の目的地真如堂までタクシーを使ったが、メインだった永観堂の拝観受付(午後4時)には間に合わず(^_^;)。すごい人ひと… 紅葉は門の外からでも美しかった↑。

2日目は乗っていれば連れて行ってくれる観光バスだったけど、やはりそこからお寺まではかなり距離があるところもあって、バスガイドさんの許可を得て、いくつかの目的地を飛ばさせてもらって集合場所近くで休んでいた。

「やさしくする」目的が果たせず、げんなり

母は、ストライクゾーンが狭く、思ったことを口に出すタイプ。

新幹線の途中駅でスーツを着た男性二人が前の席に座った時には、「あ~、タバコくさい」

永観堂からの混みあったバスでは、前にいた強面のお兄さんに「もっと前に詰めればいいのに」

ホテルの大浴場では、バスタオルを巻いたまま風呂に入る韓国女子に「あれ~、なんやろか」。

このご時世、余計なことを口に出さないほうがいいと思っている私は、ヒヤヒヤして母をつつくが、母は「だってぇ、あんた」と話を続ける。

今回の旅の目的は「母にやさしくすること」だったけど、私自身、段取りが上手いほうではなく、まずホテルにチェックインすべきか、あるいはコインロッカーの空きを探すべきか、経済的には電車で行きたいところだけれど、やっぱり母にはタクシーのほうがいいだろうかなど、頭をぐるぐるさせ、

気づくと予定をつつがなく進めることばかり気を取られ、やさしくするどころか、母の細かい要望や質問にいらいらしがちだった。

母と別れた新幹線で、あ~ぁ、せっかく行ったに(やさしくできなかった(-_-;))、とうなだれた。

半年で一段と老いた母、その母に子ども心のまま甘えたい老娘

若い頃は、今でいう“毒親”だと思っていた母を恐れ、表面的にはいい子をやりながら、内心許せなかった。

それが40歳になる頃は、「お母さんも嫁ぎ先で生きるのに必死だったんだな」と一人の女性として見るようになり、許せるようになった。そうしたらいきなり情が湧いてきた。

本当はただ母を慕い、やさしくしてほしかったのだ。

そうやって精神的に大人になりそこねたまんまの老娘の私。

絶大な権力をふるいモノを言う強者だった母は、庇護すべき弱者となっている。今はただ、“要求が多いちょっと面倒なおばあちゃん”だ。

お盆の頃と比べても、老いたな、と思う。体力的にも、認知機能も。

そう思うと、いずれ来るお別れまでも想像してしまって、いたたまれなくなってしまった。

お母さんがいなくなっちゃたら、私どうしよう。。。

冷静に考えてみれば、80歳すぎて健在で一緒に旅行できるだけで有難いことなのに。

許せても、赦せてない…

『奇跡講座(ACIM)』では、この世と神の両方を取ることはできないと言う。この世がリアルじゃないから、自分の「罪」も贖われるのだ。

私にとって、母はリアルで、今、神か、母か、どちらかを取れと言われたら、迷うことなく母を取る。

私の認知は間違っている。

旅行中はすっかりACIMから遠ざかり、その存在すら忘れていた。

私が母に感じているのは、ACIMが言うところの“特別の愛”で、神の子たる普遍的な愛とは異なる(いや、それ以前、お母さんがいなくなったら自分が寂しいという単なるエゴだ)。

母を許すのではなく、本当は赦すべきなのだ、と今朝になって思い出した。

それでも、やはり私にとって、母はいちばん大切なひとで、平成最後、節目の秋、ともに過ごせてよかったと思う。

今朝の、久しぶりのワークでは頭が混乱していて、旅に行けたことにただ感謝をささげた。

[caption id="attachment_5030" align="aligncenter" width="788"] 真如堂にて[/caption]

 

母と京都へ

2018-12-01

急だけど、明日から二泊三日で母と京都に行くことに。

私が今日ある講習を受けて、その足で夕方富山へ。

そして、明朝母と京都に向かう予定。

紅葉はどうなっているかな?

先週がベストシーズンだったと思うけど。

秋はすごく混んでいると聞くけど、どのくらいかな?

母は今はどれくらい歩けるかな?

そして、私は、間が悪くおとといあたりから膀胱炎気味。

いつもトイレが近いけど、さらに近い。

今日急に髪染め(白髪染め!)に行ったけど、そこでもトイレをがまんしてヒヤヒヤした。1度お手洗い借りたけど、2回目は借りにくい。

市販の薬を飲んでいるけど。。やや不安。

ともかく、講習に行ってまいります。

「病気」のはなしを最後にしておくのは気になったから、更新して出かけます。

いろいろもろもろありがとうだ。