引っ越して気づいた、新居の特徴と自分の恐怖処

2018-07-04

風の影響大の家

引っ越しして気づいたこと。

風が強い。強風を通り越して、ヒューヒュー、ビュービュー高い音を立てて台風かのように吹きつけている。

玄関ドアは強風に叩きつけられて、ドスンドスンと音がする。

「強風注意報」が出ていたみたいだし、関東や、東京全部のことかな?

でも旧居ではおそらくこんなにビュービュー派手な音は出ないだろう。新居の特徴かしらん?

立地的にビル風みたいなのが発生しやすいのかな?

ベランダ履きは、引っ越して一週間で三度飛ばされた。一度目は片っぽ。二度目は、残った片いっぽう。そして、新しく買ったのも、まもなく飛んでった。

どこに行ったかな?だれかに当たったりしてないといいけど。

今晩はあまりの強風に観念して、ベランダの観葉植物の鉢4つを部屋に入れた。

スリッパくらいはいいけど、観葉植物が飛んでいって何かを壊したり、誰かにケガさせては大変。観葉植物は何度も倒れて、葉っぱも茎もすでにぼろぼろ。もっと早く入れるべきだった。

発見、風が怖い私

風…。こわい(>_<)

一人でいる部屋の外で、ビュービュー、ヒューヒューいう音を聞くと、ドキドキしてしまう。身を縮めるだけで自分ではどうにもならないことに、イライラもしてくる。

風にこんなに恐怖を感じたのは初めてだ。

慣れるかな、と思ったけど、今のところ慣れてない。

「風通しがいいお部屋」とは聞いていたけど、ここまでとは(・・;)

そして、ネットで思わず「強風の音 怖い」と検索してみた。私と同じように訴えている人が何人もいて、「そうか、同じような人もいるか」とちょっぴり安心した。

中には「友人が、たまたま催眠療法で過去世を見た時に、昔スペインで強風にあおられて崖のようなところから転落して死んだ人生を思い出した、それからひどい恐怖感はなくなったそう、ご参考までに」というエピソードを紹介している方もいた。

「二重の視覚」!?

私も、強風がトラウマになった過去世でもあるのか…

さもありなん

あ、でも、私は、奇跡講座の学習者の端くれだった。

これは、リアルではないはず。さっきたまたま、トベさんのサイトで見た「二重の視覚」という見方を応用してみることができるかも、と思った。

「二重の視覚」を説明できるくらいちゃんとは理解できていないけれど、「風、怖い」と思う一方で、「私はいま"真の自己ではないほうの私"の風への怯えをケアしている」と見てみよう。

風への恐れも、突き詰めれば、分離してしまったと思っている神への恐れの象徴なんだろう。

恐怖を思い出すスイッチが、私の場合、強風の音だったとは…。

この歳で新しい自分を、また知った。

引っ越し完了。ようやくインターネットに接続♪

2018-07-03

引っ越し完了、ようやくインターネット接続工事

気づけば、ずいぶん離れていた。ブログからも、パソコンからも、奇跡講座からも!

引っ越し前webサイトから申し込んだはずのインターネットの接続工事が、どこか不備があったか?申込み完了となっておらず、それに気づいて改めて申し込んだので、開通工事日が昨日になってしまった。

パソコンから離れるというのは、めったにないことだったけど、やることはたくさんあったから、非日常モードで毎日過ごしていた。

6月15日に新居へ引っ越し。21日の引き渡し契約時には共有者である母が上京、三泊して東京観光をして帰った。

パワー不足気味の私にとっては、引っ越し、引き渡しとそのための掃除や修繕と、母の上京、それぞれがビッグイベントだった。

たがが外れて!?ぎっくり腰

引っ越し時は大丈夫だったのに、母が上京して一日目にぎっくり腰になった。いつもは三日くらいで痛みが治まるのに、今回は治りが悪い。今も整骨院通いだ。

母は「たがが外れたいわ。心と体と両方の意味で」と言い、今どきの人は「たがって言ってもわからんかな」と加えた。(今どきの人はどうかわからないけど、そうじゃない私は、わかる。)

たがが外れる  外側から締め付けて形を維持しているものがなくなり、それまでの秩序が失われること。 緊張を解いて羽目を外すこと。 もともと「箍(たが)」は桶の枠組みを固定していた輪を指す語。(日本語表現辞典、Weblio辞書)

なるほど。たしかにそうだ。

旧居の掃除と修繕が間に合うか気がかりで、また細かいことが気になる母が新居に泊ることも、私にとっては緊張度Maxで、母と会って二日目浅草に泊った時に気が抜けたのだと思う。

瞑想ワークをしていた時に、たびたび姿勢を良くすること、体幹を鍛えること…と、メッセージのようなものを感じていた。それがどこから来るものかはさておき、その内容にはまちがいがない。

やっぱり私は腹筋、背筋も脆弱で姿勢も良くないから、腰に歪みや負担があるんだな~と実感した。この新天地(大げさ!)では体幹強化と体力増進に取り組みたい。

断捨離…新しいものが入る余地ができた気分

ともあれ、引っ越しできた。新居にはまだ慣れないけど、気に入っている。

何より、ほんの少しだけど古いものを手放す機会になり、新しいものが入る余地ができた気がする。

引っ越ししてから、ふと自分の気分が20代後半頃の自分になっている瞬間がある。新たな環境が、眠っていた若DNAみたいなものを起こすのかな?

実際には50代後半だけど!!

奇跡講座、ずいぶん離れちゃったから、また私にとっての原点ともいえる『神の使者』を読んで、そこから入りたい。

こんなに離れていても平気だったということは、私にとってさほど大事でもないのかな、と思ったりもする。よくわからない。

新しいものが入る余地ができたように感じた、その余地に、これから何が入るのだろう?

母が帰って、荷物も9割方片付いて、インターネットにもつながって、ようやく、今ここの日常生活が始まる感じ。

心もとなく、こわい。人と比べても意味ないけど、あまりに幼稚だとも思う。

ともかく、少しずつ慣れていこう。

新しい記事を見る→