新米でおにぎり

2016-09-30

先週、母から新米が届いた。

富山県魚津産だ。

富山県は最近発表された都道府県の「幸福度ランキング」で、堂々3位の豊かで住みよい県だ。

県東部の魚津市は母の実家がある町。

私は母の実家で産まれたから自分が生まれた地から送られてきたお米だ。

どんな家に住む、どんな人が植えて、どんなふうに育って、どんな感じで実っていたのかな。つい親しみを感じて想像してしまう。

ACIM的ではないかもしれないけど、新米、とくに故郷で実ったお米は私を力づけ応援してくれるような気がする。

さっそく炊いて、大きなおにぎりをつくった。

たらこ。しゃけ。うめ。

お米がとってもおいしい。純粋にお米の味を味わったのは久しぶり。いつもは玄米で、もちろん玄米もおいしいけれど、やっぱり白いやわらかいお米の味は格別だ。

そして、主食はとうぶん何とかなる、と思うと、妙に心強く感じる。

だいじょうぶだ、やっていける。と。

どんどんスピードアップして複雑になっていくような世の中でついていけていない感が強いけど、考えてみたら、必要なのものはそう多くはなかった。

毎日ごはんが食べられて、

何枚か着られる服があって、

雨風しのげる家があって、

心を喜ばせるものがひとつか、ふたつあって、

やりとりできる人が何人かいたら。

それだけでよかったんだ。

今はおカネがないと生きられない社会だけど、

食・服・家が何とかなれば、けっこう自由に幸せにできるんだよなぁ。

まあ、それがむずかしいんだけど。。。

。。。なんて、新米おにぎりを食べながら、ぼーっと考えてた。

白いごはんは、なんか自分を原点に立ち返らせてくれる気がした。

ごちそうさま。

ありがとう。感謝。

レッスン64-私が自分の機能(はたらき)を忘れずにいられますように。

2016-09-28

エゴの誘惑と戦略

「誘惑に陥りませんように」

冒頭に、今日の主題概念は言い換えるとこうだ、と書かれている。

そして、私たちの「肉体の目に見えているように思えるものはどれも、何からの形の誘惑にほかならない。なぜなら、それが肉体そのものの目的だったからである。」とある。

私たちが神から離れた(と思った)時、私たちはあまりにも恐ろしく罪深いことをしてしまった、と思った。きっと神から報復されるにちがいない…

そしてその恐怖から逃れるために、幻の偽りの人格、エゴを生み出した。そして、そのエゴが逃げ場として作ったのが、この宇宙である。一なる神の子は、さらなる「分離」によって個々の肉体をもった人間となった。

だから、肉体そのものの目的が、本来は幻想であり起ってはいない「分離」の世界を強調するものである。

そして、この世が一見「成功」のように見せて私たちの関心を引き付けるもの―大豪邸や高級車、権力、社会的地位、称賛、おカネ、美貌などなど…は、それを追求することが一時は人を幸せにしてくれるかのように見えるが、それは幻想にすぎない。

エゴは肉体とこの世の成功に執着させ、幻想に目覚めさせないようにする。それがエゴの誘惑であり戦略だ。

聖霊の使命

「エゴ」が幻の偽人格であるのに対し、神の元から私たちは一時も離れていないのだと教え今も「正気」を保った私たちの心の奥底にあって、神と私たちをつないでくれるのが、「聖霊」だ。

私たちの人格のほとんどは「エゴ」に支配されてしまっているが、だれもが「聖霊」とのつながりを持っている。聖霊はつねに私たちに今も本当は神と一体なのだと教えてくれている。

だから、私たちのエゴが作った幻想のこの世を用いながら、それを「赦す」ことによって、それをなきことに戻すことを使命としている。

それを示す、本ワーク中の

「聖霊にとって世界は、あなたが自分の罪だと思っているものについて自分を赦すことを学ぶ場所である。」という文言が好きだ。

聖霊はエゴがつくったこの宇宙や地球、個々の肉体というしかけを利用しながら、それを「赦す」ことによって正しい道に導く。

 赦せば⇒ 幻想は消える⇒ 神に近づく⇒永遠の幸せ 
 赦さなければ⇒ この世の幻想を強める⇒ 神から離れる⇒ 一時の幸せ&損失や不安感、恐れ

シンプルにいうとこうなるのか。

だから、本当の幸せのために

「私が自分の機能(はたらき)を忘れずにいられますように。」となるのだ。

生身の体をもって今ここに生きている、と思っている今の私にとっては、「まぁ、そうはいっても…」と思う部分も多いのだけど。。。

神さまと私をつなぐパイプのおそうじ

今朝は、年一回のマンションの排水管の高圧洗浄の日だった。

あっ、事前にそうじしとかなきゃ!、と思い出して、キッチン流し台の排水溝と、お風呂の排水溝を掃除した。奥の方はかなり汚れてた。

掃除しながら、自分の「エゴ」と「神さま」をつなぐパイプがあるとしたら、私、けっこう汚れていたりほこりがつまったりしているかもな~、見た目はそうじしてるように見えても…、とふっと思った。

そして、

この秋はとくに、

神さまと私をつなぐパイプをきれいにしたい、

そのために聖霊の声に耳をすまし、

自分を濃くしたい、

と思ったのだ。

レッスン63-世の光は、私の赦しを通して、すべての心に平安をもたらす。

2016-09-27

レッスン61では「私は世の光である」と告げられ、

レッスン62では「赦し」がそのはたらきであると学び、

このレッスン63では、その赦しが「すべての心に平安をもたらす」と、教えられる。

世の光が通る道筋が「赦し」と言っていいのかもしれない。そして「赦し」は、自分だけのものではなくこの世で共有されている。

私が見えている世界をすべて赦すことができれば、この幻のゲンジツの世は終わる。

神から分離したと思いこんだ神の子すべてが、それは勘ちがいだと気づいて赦せば、この世のゲンジツゲームは、ゲームオーバーだ。

私たちは、神と一体の神の子として今まさに愛と平和に満たされていると知ることになる。

 

私が、レッスン63でとくに好きなのが、最後の

「神の子が救いを求めてあなたに頼っているということを思い出しなさい。そして、あなたの自己をおいてほかに誰が、神の子でありえるだろうか。」という文言だ。

この言葉が、ついゲンジツに巻き込まれ感情的になりがちな私をクールダウンして、我に返してくれるからだ。

この世のゲンジツに現われる「イヤな人」「イヤなこと」は、「神からの分離」を無意識に責める自己嫌悪、自己批判の表れにすぎない。

それを、そもそもリアルではないんだ、と赦す。そうしたら、それは消える。

「イヤな人」「イヤなこと」は自分の分身だ。救いを求めて、赦され浮かばれるために、自分の元にやってくる。それを赦す―また別のものが現われる、それをまた赦す…。

つまり、すべての赦しは、自分が自分を赦すことなのだ。自分を赦せば、投影されて見える世界も変わる。

ただ、神との分離という誤解とともに生じたもう一つの誤った幻のアイデンティティ、エゴは狡猾だから、あの手この手でこの世がリアルだと信じ込ませるよう「誘惑」を仕掛けてくる。

それに引っかからないようトレーニングするのが、このACIMのワークなんだろう。

まさに心の筋トレ…。

そういえば、かつて習慣にしていた「ダンベル」気づくと完全に止まってる。。いつからやってないんだろう。。

習慣づけはなかなかむずかしい。時間がない、気力がない…と、2、3日やらないでいると、気づいた時にはすでにフェイドアウトしている。

最近、歯科衛生士さんの度重なる歯磨き指導によって、糸ようじと歯間ブラシがようやく習慣づいて、磨き残しチェックでも合格ラインがもらえるようになった。

「赦し」も歯磨き&糸ようじくらいあたりまえのことになったら、見える世界もちがうだろうな、と思う。

レッスン62-赦しは、世の光としての私の機能(はたらき)である。

2016-09-24

レッスン62-赦しは、世の光としての私の機能(はたらき)である。

レッスン61で、私たちの真のアイデンティティは「世の光」であると告げられた。

それはどのように獲得されるのか。どう実証されるのか。

そのこたえが、レッスン2の主題概念となっている「赦し」である。

「赦し」は、くりかえしになるが、世に言う「許し」とは別物だ。

「許し」が、「あなたには非はあるけど、それを許してあげよう」というニュアンスなのに対し、

「赦し」は、そもそも罪などない。このゲンジツの世は実は幻想であり、まちがった自己像を投影して見ているにすぎない。自ら作った幻想なのだから、そこに執着、頓着することなく、気持ちをゆるめて受け流そう、といったようなもの。

幻想は赦すことによって手離れ、それに振り回されることはなくなり、また一歩真の自己に近づくことができる。それは、もともと罪も恐れもない、満たされた世の光としての自己である。

私は、このレッスンの中の

「あなたは攻撃するたびに自分自身の弱さを招き入れ、赦すたびに内なるキリストの強さを招き入れているということを、思い出しなさい。」

というフレーズと、その後に続く

「そういうことなら、赦しが自分に何をしてくれるのか、あなたはもうわかり始めたのではないだろうか」

というフレーズが、なんか好きだ。

抽象的なACIMだが、この部分はわかりやすく感じる。とくに後半部分は茶目っ気というか親しみさえ感じる。

だから、なるたけ、攻撃したり怒ったりは慎み、赦そうと思うのだ。

ワーク中の電話にイラッ

しかし…実際には…

昨日レッスン62ワークの小さな瞑想中、電話が鳴った。

受話器を取ると、「国民年金機構から受託を受けました○○で…」と女性オペレーターの低い声。国民年金の未納分の催促の電話だった。

私は未納期間があって、数年前から2年近く前の国民年金を1ヶ月分ずつ追いかけて納めている。電話口のオペレーターの方は毎回ちがっていて、その情報が引き継がれていないため、

「2年分近い未納があるのをご存じですね」っと高圧的口調で言われるたびに、イラッとする。遅れつつも毎月納めている旨説明するが、

「月末までに必ず納めてください。約束できますね?」と言われると、

「早く宿題やりなさい」と言われ、「今、やろうと思ってたのに」と答える子どものような、いやぁ~な気分になった。

話がまだ続きそうだったのを、「お電話ありがとうございました」とそそくさ切ってしまった。むろんいやな気分のままだ。

しかし、ワーク中の電話とは…

今、私が赦すべきことは、これ!?なのね、まさに。

これなどは、そもそも私に落ち度があることだし、あまりに瑣末なことだけど、それでもイラッとしてしまう私。

自分に落ち度がまったくなくても、巻き込まれたり、理不尽な思いをしたりすることは、この世では日常茶飯事。

こんな私で、これから大丈夫なんだろうか…。

まさに赦すべきこととして与えられたこのことを、赦そう。。

2013年6月ワークを初めてから、大きな赦しの機会は3回位あった。

私は成長できているのか。

ワーク中の未納催促電話にイラついてしまうようでは、先はまだまだ長い…と思うのだった。

レッスン61-私は世の光である。

2016-09-22

レッスン61―私は世の光である。

最初の「エゴの解体」段階を修了し、レッスン61から、真のアイデンティティに近づく段階に入るのだなぁ。

               *   *   *

「あなたは世の光です」…こう言われたら、ふつうの人はどう反応するだろう?

「いえいえ、そんな…。」「御冗談を…」「何言ってんの?」

という感じだろうか。

ACIM、レッスン61は、「この主題概念はあなた自身についての真理を述べているにすぎない。」と言い、私たちは「謙遜」と「自己卑下」を取り違えているという。

エゴが「あなたは世の光」と聞いたら「褒められた」ように感じるかもしれないが、そうではない、これは私たちに神から与えられた真理なのだから、「真の謙遜は、あなたが今日の概念を受け入れることを要求する。」と。

では、「世の光」とはどういうことだろう。

これに思いをはせるのが、今日のワークだった。

小林麻央さんの生きる姿勢

私は、ふと小林麻央さんのことを思っていた。

小林麻央さんは2014年秋から乳がんで闘病中だと報じられていたが、9月1日にご自身のブログを開設された。

「なりたい自分になる」というタイトルで始まったブログは、病院の医師から「癌の陰に隠れないで」と言われたことで心を動かされ、ブログを開設しようと思ったとつづられている。 (さらに…)

復習Ⅰおわり-レッスン1~50

2016-09-21

ようやくレッスン1~50を復習する「復習Ⅰ」が修了した ♪

ワークブックの最初のこの部分は、「自分の現在の世界観の解体」に着手する部分だという。これまで自分が「世界」だと思ってきたものに揺さぶりをかける。

畑でいうと種をまく前の土壌を耕す段階―真実を受け入れやすくするための準備と言ってもいいのかな。

復習Ⅰのレッスン1~50の主題概念は下記のとおり(『奇跡講座ワークブック編より』。英語もシンプルだから、主題概念だけでも覚えたいと思っている。

 日本語 英語
1私の見ているものには 何の意味もない。1Nothing I see means anything. 
2私に見えて いるあらゆるものに、 私にとってそれがもつすべての意味を与えたのは私自身である。 2I have given what I see all the meaning that it has for me. 
3私に見えているどんなものも、 私は理解していない。 3I do not understand anything I see.
4これらの考えには何の意味もない。 4These thoughts do not mean anything. 
5私は自分で考えているような理由で、動揺しているのではない。 5I am never upset for the reason I think.
6私が動揺しているのは、存在しない何かをみているからである。6I am upset because I see something that is not there.
7私は過去だけを見ている。 7I see only the past.
8私の心は過去の考えにとらわれている。 8My mind is preoccupied with past thoughts.
9私は、何も今あるままに見ていない。 9I see nothing as it is now.
10私の考えには何の意味もない。10My thoughts do not mean anything.
11私の無意味な考えが、意味の無い世界を私に見せている。 11My meaningless thoughts are showing me a meaningless world.
12私が動揺しているのは、意味のない世界を見ているからである。 12I am upset because I see a meaningless world.
13意味のない世界は恐れを生み出す13A meaningless world engenders fear.
14神は意味のない世界を創造しなかった。 14God did not create a meaningless world.
15私の考えは、私が作り出した形象である。15My thoughts are images that I have made.
16私に中庸な考えはない。 16I have no neutral thoughts.
17私は中庸なものを見ていない。 17I see no neutral things.
18私の見方がもたらす結果を体験するのは、私ひとりではない。18I am not alone in experiencing the effects of my seeing.
19私の考えがもたらす結果を体験するのは、私ひとりではない。19I am not alone in experiencing the effects of my thoughts.
20私はぜひとも真に見たい。 20I am determined to see.
21私はぜひとも別な見方でものごとを見たい。 21I am determined to see things differently.
22私が見ているのは、復讐の一形態である。 22What I see is a form of vengeance.
23攻撃的な考えを放棄することで、私は自分の見ている世界から脱出できる。 23I can escape from the world I see by giving up attack thoughts.
24私は自分の最善の利益を知覚していない。 24I do not perceive my own best interests.
25私は私が何のためにあるのかを知らない。 25I do not know what anything is for.
26私の攻撃的な考えが、決して傷つくことのない私の強さを攻撃している。 26My attack thoughts are attacking my invulnerability.
27私は何にもまして、私は真に見たい。 27Above all else I want to see.
28何にもまして、私はものごとをこれまでとは違った見方で見たい。 28Above all else I want to see things differently.
29私が見ているあらゆるものの中に、神がいる。 29God is in everything I see.
30私が見ているあらゆるものの中に神がいる理由は、神が私の心の中にいるからである。 30God is in everything I see because God is in my mind.
31私は自分が見ている世界の被害者ではない。 31I am not the victim of the world I see.
32私が、自分の見ている世界を作り上げた。 32I have invented the world I see.
33世界について別の見方がある。 33There is another way of looking at the world.
34私はこれを見るかわりに、平安を見ることもできる。34I could see peace instead of this.
35私の心は神の心の一部である。 私はとても神聖だ。 35My mind is part of God's. I am very holy.
36私の聖性は、私が見るものすべてを包み込んでいる。 36My holiness envelops everything I see.
37私の聖性が世界を祝福する。 37My holiness blesses the world.
38私の聖性にできないことは何もない。 38There is nothing my holiness cannot do.
39私の聖性が私の救済である。 39My holiness is my salvation.
40私は神の子として祝福されている。 40I am blessed as a Son of God.
41私がどこへ行こうとも、神が私とともに行く。 41God goes with me wherever I go.
42神が私の強さである。 ヴィジョンは神からの贈り物である。 42God is my strength. Vision is His gift.
43神が私の源である。 私は神から離れて見ることはできない。 43God is my Source. I cannot see apart from Him.  
44神は光であり、その光の中で、私は見る。44God is the light in which I see.
45神は心であり、その心と共に私は思考する。 45God is the Mind with which I think.
46神は愛であり、その愛の中で私は赦す。 46God is the Love in which I forgive.
47神や強さであり、その強さを私は信頼する。 47God is the strength in which I trust.
48恐れるべきものは何もない。 48There is nothing to fear.
49神の声は、一日中、私に語りかける。 49God's Voice speaks to me all through the day.
50私は神の愛によって支えられている。 50I am sustained by the Love of God.

レッスン60-レッスン46~50の復習

2016-09-19

敬老の日

今朝は母の電話で起きた。

朝刊を取りにポストを見たら、私が送った「敬老の日」ギフトがあったと。

ユニクロでベージュの薄手のセーターを買い、それにオレンジピールチョコを足してゆうメールをポストに入れたのが、土曜日の夕方。もう着いたんだ。

喜んでくれている。よかった♪

洋服はだれでもそうだけど、好き好きがある。とくに母はこだわりがいろいろ細かい。

過去も何度も“失敗”し、無駄遣いだと言われ、「もう服を買って送るなかれ」指令を受け取っていたから、止めようかなと思っていたけど、食べ物というのも同じくむずかしい。お菓子はひとり暮らしの私がもらってうれしい一方つい食べ過ぎて困るものだし…と迷っていたのだ。

ユニクロだったら、安いしシンプルだし、気に入らない場合は、私が引き取ればいいんだ、とそれにした。

小言を言われるの覚悟で送ってたから、「ありがとう、ちょうどよかった」と言われ、ほっとした。

幼い頃は「こわい」母が大きらいだった。早くから心のシャッターを下ろし自閉的に生きてきた気がする。

50代になった今。家族を作ってこなかった分自由で楽な一方、やはりさみしくもある。今は母がいてくれることがとってもありがたいのだ。

レッスン60-レッスン46~50の復習

ここ数日はレッスン60の復習をしていた。

主題概念は以下のとおり。レッスン46~50の復習。

46)神は愛であり、その愛の中で私は赦す。

47)神は強さであり、その強さを私は信頼する。

48)恐れるべきものは何もない。

49)神の声は、一日中、私に語りかける。

50)私は神の愛に支えられている。

               *   *   *

ワークブックのl60の説明文でとくに好きというか響いたのは、

「赦しは、私が自らの無垢性を認識するための手段である。それは神の愛が地上に反映されたものである。」(l46)

「私は、私自身の強さによって赦すのではない。私の中の神の強さによって赦すのであり、赦すとき私はその力を思い出している。」(l47)

「私が赦し、私を赦した世界の中に、恐れるべき何があるというのだろう。」(l48)

「私が赦すとき、神の子は無罪であることを、神の愛が私に思い出させてくれる」(l50)

気づいたらとくに「赦し」について書かれたところばかりだ。中でも「自分の強さによって赦すのではなく、神の強さによって赦す」という文言が響く。

なんでかな?

頑張って強くならなくていい、と思えるからかな。自分の中に「神」に通じるものを、ふっと、感じることができるからかな。

やさしくなった?

「赦し」という概念がどういうものかわかっているか、実行できているのかわからないけど、ワークを重ねてきて、

周りの人がやさしくなった、と感じることがある。それは、コンビニのやスーパーの店員さんが丁寧に接してくれる、とか、横断歩道で車がちゃんと止まってくれるようになった、とか、とってもささいな事。

そして親戚から、たまちゃんは「やさしくなった」と言われることが増えた。

自分が赦しによって自分を責めることが少なくなって肩の力が前より少し抜けたから、そう見えるのかな?

前にふと何かで見たのに、

「愛することがわからなければ、そのわからない自分を愛しなさい」みたいな文があった。あれは…『なまけ者のさとり方』だっけ??

これを赦しで言うと

「赦すことがわからなければ、そのわからない自分を赦しなさい」となる。

わからない。

わからないけど希求している。それはわかる。

だから、ゆっくり導かれるままにやろう、と思う。

ポケモンGOとACIM

2016-09-16

この夏、ポケモンGO 大騒動

2016年夏はポケモンGOが大流行りだった。

まず、先行配信されていたアメリカの様子として、テレビキャスターがポケモンを追いかけて画面を横切る姿にびっくり!

「へ~!大のオトナがそんなに夢中になるものなのか…!?」

日本でも7月22日に配信されるやいなや、全国民を巻き込んだかのような大騒動。珍しいポケモンがゲットできる?とかで、東京墨田区の錦糸公園には夜が更けても大人も子供も大勢の人でにぎわう様子が映し出されていた。 (さらに…)

レッスン59-レッスン41~46の復習

2016-09-14

昨日、おとといはレッスン59をやってきた。主題概念は以下のとおり。レッスン41~46の復習。

41)私がどこへ行こうとも、神が私とともに行く。

42)神が私の強さである。心眼(ヴィジョン)は神からの贈り物である。

43)神が私の源である。私は神から離れて見ることはできない。

44)神は光であり、その光の中で、私は見ている。

45)神は心であり、その心とともに私は思考している。

               *   *   *

「神がいつでもともに行くというのに、どうして私がひとりになったりするだろう。神の中に完璧な確かさがあるというのに、どうして私が自分を疑ったり、自分に不安に思ったりするだろう… …自分についての幻想を大切にすることはやめよう」(l59)

主題概念のそれぞれの説明文が、いちいち私の心を揺さぶる。だから、とくに気になったところをもう一回書きたいと思うと、結局ぜんぶになってしまいそうだ。

ワークの内容はワークブックに書かれているのだから、私がそれを中途半端に抜粋したり言い換えたりしても、私には復習にはなるけどブログとしては意味ないな、と思っている。まあ、でも成り行きまかせにしよう。

上記のレッスンの主題概念の中で、もっとも好きなのが、l42の「神が私の強さである」というフレーズだ。

God is my strength.

God is my strength.

神が私の根拠だった…

この短い言葉を何度も心で唱えるだけで、なんとも言えない安らぎとなつかしさのようなものを感じる。なんとありがたいことよ!

だけど、一方で、ACIMに沿って生きられているかといえば、それはまた別のこと…になる。私の場合。

とくに誕生日月の今月、そして晩秋の11月あたりは、過去に思いが引きずられ、魂が旅をしたがる。

あの頃はああだった…

あの時ああしていたら…

ACIMには過去という概念はない。過去は幻であり後悔はエゴが仕掛けるトリック、心眼にはほど遠い。

そして5年に一度の免許証の書き換えのお知らせ…誕生日が過ぎたのにまた行けてない。

免許証に映る写真を気にしているのだ。更新手続きは誕生日後の一ヶ月ある。それまでに頬をちょこっと引き締めたいのだ(具体的にはフェイスストレッチ…今は顔ヨガというのか、をする、効果のほどは経験済み)。

姿かたちにこだわるとは、これもまた幻想への執着であってACIMの教えに反しているのでは…と思うけど、一方、少しでも若くと思うのも本音。

ワークを続けていたら、いずれ、私のこういう“煩悩”も薄れていくのだろうか。

何年後かにこのダイアリーを見て、「あの頃はまだ若く未熟だった」と振り返ることがあるか。それだったら、ダイアリーは軌跡として役にたつかのもしれないなぁ、と思う。

レッスン58-レッスン36~40の復習

2016-09-12

気温27℃。湿度が高く蒸し暑い。先週は一日の終わりの夜のワークがなかなかできず、レッスン58で足踏みしていた。

レッスン58の主題概念は以下のとおり。レッスン36~40の復習。

36)私の聖性は、私が見るものすべてを包み込んでいる。

37)私の聖性が世界を祝福する。

38)私の聖性にできないことは何もない。

39)私の聖性が私の救済である。

40)私は神の子として祝福されている。

               *   *   *

聖性とは、聖なる質を持った存在であるということ。私たちはもともと罪ある存在ではなく、無辜(むこ)であり無垢であるということ。

私たちは神から延長した神の子であり神と同じく聖なる存在である。それが私たちの聖性の根拠である。

このゲンジツの世では聖なるものとは対極なものばかりが目につくが、それは私たちが幻想を見ているからにすぎない。

自分の聖性を認め正しい見方を身につければ、「私に見えるのは世界の聖性だけである。なぜなら、私は自分自身について抱いている考えしか映像化することができないからである」(l36)

私たちが聖なるまなざしで見る時、私たちが目にする世界は祝福されたものとなる。

私たちの聖性を共有していないものはない。

「聖性の光の中で私が見るあらゆる人、あらゆるものが、聖性が私にもたらす喜びを共有する」(l37)

また「聖性は、その癒しの力において無限である」(l38)

そして、「私の聖性が私をすべての罪悪感から救うのだから、私の聖性を認識することは、私の救済を認識することである」(l39)

そして、ここがおもしろいというか気になるところなのだけど、「そして、私が恐れないからこそ、私の理解するところを誰もが必ず共有することになる」(l39)

「私が恐れないからこそ」なのだ。恐れなき状態でみんなの中にいること自体に大きな意義があるのだ。

そして、レッスン40では「私は神の子として祝福されている」と、一巡して締める感じ。神の子だから⇒聖性、聖性だから⇒世界を祝福する、私は神の子=祝福されている。

何より勇気づけてくれることばは、「すべてのよきものは私のものである」「私は神の子であるからこそ、何かを失ったり奪われたり、苦痛を被ったりすることはありえない」(l40)根拠は神の子たる私たちが幻想以外で神以外の特質を持ちえないから。

だから、必要なことは、ただこの世の幻想性を手放し、あらゆるものを聖なるまなざしで見ること。

はっきり理解はできないし正しい見方が身についているわけでもないけれど、私は、私たちがそもそも「何かを失ったり奪われたり、苦痛を被ったりすることはありえない(それは神の意図ではない)」と言われたことで、大いに気が楽になった。

漠然とだけれど、「こんな私が幸せになってはいけない」みたいな思いでずっと生きてきたから。ACIMから無辜だと言われたことで体から力が抜けて許されていくのだ。

だから私も赦す。

罪なき心に痛みはありえない。欠乏し痛んでいるとしたらそれは幻想を見ている証拠だ。それを赦す(手放す)よう努めるだけだ。

←古い記事を見る